認証基準の各項目の考え方

「科目名」
基準を満たす場合、認証を受ける科目の名称は読み替えが可能
「教育目的」、「到達目標」、「時間数」「含むべき内容」「含むべきキーワード」「修了評価の方法」
認証を受ける科目はこれらの内容を含むこと(以上であること)
「受講要件」「講師要件」
基準に合致すること
「考えられる展開」「展開上の留意点」
基準を踏まえ、研修実施団体の創意工夫を期待する。

認定介護福祉士養成研修目次

Ⅰ類

Ⅱ類