実践事例

お知らせ

一覧へ

2019年度下半期の認定介護福祉士研修認証申請の受付状況について

2019/03/26 (火)

2019年度下半期の認定介護福祉士研修認証申請に関しましては、以下の5団体から、計33科目の申請を受け付け、現在、審査を行っているところですので、お知らせします。

・一般社団法人静岡県介護福祉士会
・一般社団法人愛知県介護福祉士会
・一般社団法人三重県介護福祉士会
・一般社団法人京都府介護福祉士会
・一般社団法人岡山県介護福祉士会

2019年3月3日。認定介護福祉士誕生記念イベントが開催されました。

2019/03/04 (月)

2019年3月3日(日)。介護福祉士のさらなるキャリアアップを目指し、「認定介護福祉士誕生記念イベント」がイイノカンファレンスセンター(東京都千代田区)で開催されました。
記念イベントは、全国に先駆けて長野県介護福祉士会が行った認定介護福祉士養成研修を経て2月に新たに28人の認定介護福祉士が誕生したことを踏まえて開催されたものです。

ここでは、開会式典における各関係機関からの祝辞(概要)をご紹介します。ぜひ、ご確認ください。

認定介護福祉士の研修に地域医療総合確保基金の活用することができます ~平成30年度全国厚生労働関係部局長会議資料

2019/01/29 (火)

平成31年1月18日(金)に厚生労働省において平成30年度全国厚生労働関係部局長会議が開催され、その資料の中で「介護福祉士の更なるキャリアアップの取組として、認定介護福祉士の育成が始まっている。認定介護福祉士の仕組みについては、資格取得後の展望を持てるようなステップアップの仕組みとして構想されたものである。」としたうえで、「地域医療総合確保基金を積極的に活用し、職能団体等とも協力して取り組まれたい」と明記されました。

詳細については、以下のリンク先より「(8)社会・援護局」の資料95ページ目をご参照ください。

【研修認証】2団体、14科目の認証を行いました。

2019/01/17 (木)

今回認証された研修は次のとおりです。

○ 公益社団法人日本介護福祉士養成施設協会群馬県介護福祉士養成校協議会/一般社団法人群馬県介護福祉士会
 ・ 「認定介護福祉士概論」科目
 ・ 「疾患・障害等のある人への生活支援・連携Ⅰ」科目
 ・ 「疾患・障害等のある人への生活支援・連携Ⅱ」科目
 ・ 「生活支援のための運動学」科目
 ・ 「生活支援のためのリハビリテーションの知識」科目
 ・ 「自立に向けた生活をするための支援の実践」科目
 ・ 「福祉用具と住環境」科目
 ・ 「認知症のある人への生活支援・連携」科目
 ・ 「心理的支援の知識・技術」科目
 ・ 「地域生活の継続と家族支援」科目
 ・ 「自職場事例を用いた演習」科目

○ 一般社団法人京都府介護福祉士会
 ・ 「疾患・障害等のある人への生活支援・連携Ⅰ」科目
 ・ 「疾患・障害等のある人への生活支援・連携Ⅱ」科目
 ・ 「福祉用具と住環境」科目

認定介護福祉士誕生記念イベントを開催します

2019/01/08 (火)

この度、認定介護福祉士認証・認定機構では、認定介護福祉士の役割や活動への理解関心を広めるとともに、認定介護福祉士の誕生が日本の介護にもたらす可能性や意義、今後、認定介護福祉士を目指す者へのエールをシンポジウム形式で発信し、認定介護福祉士に対する一般国民の理解を促すとともに、介護福祉士やそれをめざす人々の自己研鑽・キャリア形成に関する意欲を醸成することを目的として本イベントを開催することと致しました

開催概要
日時 平成31年3月3日(日)14時から17時
場所 イイノカンファレンスセンター 4階 ルームB
参加費 無料
申込期間 2月21日(火)まで